国内旅行を行うなら移動手段をどうする!?3つの移動手段を使い分けよう

遠距離を格安で移動するなら航空機を利用する

国内旅行を行うならば、遠距離を格安で移動する手段として航空機の利用が一般的です。島国として知られる日本は、鉄道や車で自力走行して渡れない沖縄や離島もあるので、旅行先が700km以上離れているなら航空機を利用すると時間の節約にもなります。格安航空会社が各路線に就航しているので、目的地から最も近い空港を探して複数の航空会社から旅行日当日に最も安い運賃を提供している会社を選ぶと良いです。

片道3時間以内なら新幹線を利用すると良い

航空機と電車のどちらでも旅行先へ行ける地域ならば、運賃面では航空機が有利になるものの新幹線で片道3時間以内ならば鉄道を選択する方法があります。なぜなら、航空機と比較して新幹線は手荷物検査が必要なく搭乗手続きも直前にチケットを改札に通すだけで良いので、移動時間が短ければ時間に正確な分だけ旅行行程がズレる心配が無いからです。土日を利用して月曜日から普通に仕事といった確実に帰宅が必要な場合には、航空機と比較して天候の影響を受けにくい新幹線が有利になります。

旅行先でレンタカーを手配すると行動範囲が広がる

空港や鉄道各駅で降りた後にバスを利用すると目当ての観光地まで辿り着けますが、行動半径を広げて時間の制約から開放されるためにはレンタカーを手配しておくと良いです。観光名所は駅前にあるとは限らず、タクシーを毎回利用して往復するよりも最初からレンタカーを利用した方が安上がりになることが少なくありません。旅行中に立ち寄り先を自由に変更出来るので、レンタカーを使った国内旅行なら長距離移動だけ航空機や新幹線を使うことでドライバーの負担を最小限に抑えられます。

バイザポートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です